カテゴリ
トップページ > 秋月紀行

2014年06月12日

秋月花菖蒲園の花菖蒲が満開です!!昨日、NHKで紹介されました!!

平成26年6月10日

秋月花菖蒲園は、武家屋敷跡にある

のどかな田園風景が広がる所にあります!

是非一度、お尋ねください!

IMG_1840.jpg

IMG_1899.jpg

 

posted by 久助 at 09:03 | 秋月紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

秋の七草葛の花と野草のワークショップの為の葛の花を秋月で収穫してきました!

昨日、秋月の山々で、葛の花の収穫をいたしました!

今まさに、葛の花の季節で、房状の青紫の花が咲いています!

葛の花は、甘い良いにおいがするのをご存じでしょうか!

皆様のまわりでも、葛の花が咲いているのではないかと思いますので、観察してみてください!

DSCN6206.JPG

DSCN6169.JPG

DSCN6172.JPG

もう、種になっている物もありました!

葛は、豆科ですので、さやえんどうに毛が生えたような物です!

DSCN6166.JPG

 

posted by 久助 at 19:11 | 秋月紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

秋月の春の足音!

160年たつ庭の梅が満開になりました!

春の足音が聞こえてきました!

DSCN4747.jpg

DSCN4746.jpg

DSCN4748.jpg

 

posted by 久助 at 20:03 | 秋月紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

秋月清流コスモス綺麗に咲いています!!(平成24年10月22日現在)

高木久助邸の裏の寅さん小径(男はつらいよ!のロケ地)の川にコスモスが綺麗に咲いています!

DSCN4296.jpg

 

posted by 久助 at 11:25 | 秋月紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

7月1日は、秋月の夏を告げるお祭り「おしし入れ」がおこなわれました!

秋月の「おしし入れ」は、夏の疫病、無病息災、家内安全を祈願しておこなわれます!

木で出来た、おししを若い衆が威勢良く「かっかぷ」と言わせながら、ホラ貝や太鼓を打ち鳴らし

各家をまわります!

子供たちは「おぉー」と大きなかけ声を掛けながら、おししについて回ります!

途中で、水をかけられたりと町中が活気にあふれ楽しい伝統行事です1

今回は、「きらり九州」の取材もありました!放送が楽しみです!

おししを頭からかぶせてもらえば、無病息災、長生きが出来ると言われております!

DSCN3719.jpg

 

posted by 久助 at 12:43 | 秋月紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

和服で秋月花菖蒲を見に来て頂きました!

秋月の武家屋敷跡に咲いている花菖蒲、広がる古処山の峰、絵になります!

posted by 久助 at 11:30 | 秋月紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

秋月花菖蒲園の花菖蒲が咲き始めました!

今年も、秋月の武家屋敷跡の花菖蒲が咲き始めました!

すぐ横の小川には、夜になると、ほたるが飛びかいます!

是非お越しください!!

(拝観無料・今年は、3年に一回の植え替え時期ですので株数が少なくなっておりますのであらかじめご了承ください)

DSCN3544.jpg

DSCN3551.jpg

DSCN3547.jpg

 

posted by 久助 at 17:10 | 秋月紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋月花菖蒲めぐり始まりました!

秋月を散策しながら花菖蒲を見てまわるイベントが始まりました!

秋月の町屋の軒先や杉ノ馬場で見ることが出来ます!

DSCN3540.jpg

DSCN3542.jpg

 

posted by 久助 at 16:58 | 秋月紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

秋月の花菖蒲が咲き始めました!

秋月街道沿いの花菖蒲が咲き始めました!

DSCN3422.jpg

DSCN3421.jpg

 

 

posted by 久助 at 15:51 | 秋月紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

秋月の桜開花情報!!

4月5日現在9分咲きです!!(杉ノ馬場)

DSCN3020.jpg

DSCN3025.jpg

(西念寺付近)

DSCN3041.jpg

 

 

 

 

posted by 久助 at 21:34 | 秋月紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

秋月人物伝

3月13日 秋月種実の忠義の志士 恵利内蔵助暢尭(えりくらのすけのぶあき)の供養がおこなわれました!

以下、戦国時代 秋月氏の歴史参照



信長亡き後天下統一を狙う秀吉にとって、西国の大名達は目の上の瘤であった。

特に島津とそれを助ける九州の雄藩をつぶさなければ、到底天下統一はおぼつかないため、
1586年12月1日、豊臣秀吉は九州征伐を正式に発令する。
翌年1月、第一・二次九州征伐軍出陣。

25万の大軍が九州へ向かった。

秋月種実の忠臣恵利内蔵助暢尭(えりくらのすけのぶあき)は、
迫り来る秀吉軍の敵情視察のため、種実の命を受けて広島へ赴き、秀吉と会見する。


種実の命は敵情視察であったが、仮陣で待機する秀吉軍を見て、
すでに恵利内蔵助はその役目は終わったと感じていた。

恐るべき大軍、最新鋭の火縄銃、士気上がる兵達。

恵利は秀吉の前で、九州征伐の先陣を勤めるよう主君を説き伏せ、

太閤殿下のおいでをお待ち申し上げております、と言上した。

秀吉はこれを聞いて

「殊勝じゃ、恵利内蔵助」と、自ら一振りの太刀を恵利に授け、


さらに、もし島津とともに秀吉配下となれば、筑前・筑後の国に肥前も加えて約100万石をすべて秋月氏に与えるとまで言った。

秋月へ戻った恵利は、主君と並み居る重臣達を相手に秀吉軍の規模を説明し、

これと戦っても勝ち目はなく、お家存続のためには島津との盟約を断ち切って秀吉方に付くよう説いた。

しかし種実はじめ重臣達は、

「臆したか、内蔵助」「たった一降りの刀で秀吉に懐柔されおって」と恵利を嘲り、

あくまでも秀吉軍に対抗する姿勢を崩そうとしなかった。

実際に自分の目で秀吉軍を見た恵利は、秋月に万に一つも勝ち目はないことを知っていた。

数度にわたる注進・講和の願いが聞き入れられず、

臆病者とののしられた恵利は、妻子と共に自決するのである。

秋月の北西のはずれにある鳴渡大岩と呼ばれる岩の上で妻子を刺し、自らも割腹して果てた。

以前から恵利家に仕え、武勇を持って知られていた臣下の崎津与九郎(さきつよくろう)も後を追った。

今この大岩は、「切腹岩」とか「はらきり岩」と呼ばれて、秋月の鳴戸にある。

DSCN2774.jpg

DSCN2780.jpg



 

posted by 久助 at 16:39 | 秋月紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

今日の秋月は、雪国です!

昨日から降っていた雪が積もり、秋月は、雪景色になっております!

午後13時30分現在も小雪が降っています!

DSCN2469.jpg

DSCN2478.jpg

DSCN2488.jpg

DSCN2493.jpg

 

 

 

posted by 久助 at 13:44 | 秋月紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

今日秋月は、秋晴れのすがすがしい日です!

kuzu2.png

今日秋月は、秋晴れのすがすがしい日です!

posted by 久助 at 15:58 | 秋月紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

秋月黒田鎧揃え

2009年5月24日 60年の時を経て 「秋月黒田鎧揃え」が
復活いたしました

090411012.jpg

鎧揃えとは、相馬藩(現福島県相馬市)の「馬揃え」 土佐藩(現高知県高知市)の「旗揃え」と並び 「天下三揃え」と称される勇壮な行事です。 初代藩主黒田長興公が島原の乱に出陣前、 正月三日に鎧揃え(軍事演習)を執り行った事に由来します。 乱の鎮圧で武勲を挙げた事で重大な意義を持つ出来事となりました。私、十代目 高木久助も参加いたしました。

dscn7355.jpg

dscn7427.jpg

dscn7458.jpg


posted by 久助 at 19:50 | 秋月紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Loading...